乾燥肌は化粧水が改善の鍵を握っている|悩んでいるなら即実践

誰にでもなる可能性が

肌ケア用品

敏感肌は多くの女性が持つ悩みです。ストレスや食生活や生活習慣、ホルモンバランスの乱れなど、様々なことが原因で肌のバリア機能が低下し、外部からの刺激から肌を守れなくなってしまうのが敏感肌です。改善のためには敏感肌専用の化粧品など、なるべく低刺激なものを選び、生活習慣や食生活を見直し正すことが必要です。

もっと読む

洗顔を考えて体質改善

石鹸

にきびができやすい体質に苦しんでいるなら、洗顔に利用している石鹸の変更から始めてみましょう。にきび石鹸を利用すれば、毎日おこなっていた洗顔がケアの時間となりますので、簡単に体質改善に向けた対策をおこなうことができます。

もっと読む

一工夫でより美しく

美容液

どの美容成分を肌に

乾燥に悩む人は、乾燥肌向けの化粧水を見ると、ついつい肌を水分で潤わせる効果が高いと思いがちですがそれは違います。化粧水の多くは水分が多いので、肌に水分を与えるものを思ってしまいがちですが、本当は水溶性の美容成分を肌に届けることを目的に作られています。なので、顔全体にどんな美容成分を与えたいかを考えて化粧水を選ぶのがお勧めです。乾燥肌で悩む人なら、美容成分の中でも当然肌を潤わせる効果の高い保湿成分を届けたいと考えます。保湿成分を届けたいならヒアルロン酸・コラーゲン・グリセリンなどが配合された化粧水がいいでしょう。また、肌本来の保湿力を高めたい場合は、ライスパワーNo.11エキス・ユーカリ抽出液が配合された化粧水がお勧めです。

洗顔にも工夫を

保湿力の高い化粧水を使用しても、乾燥肌が改善しない場合は洗顔の方法を見直してみましょう。メイクを落とすときに使用しているクレンジングの洗浄力が自分の肌に強すぎないかどうか確認しましょう。クレンジングオイルはメイク汚れを落とす力が非常に強いのですが、肌の必要な脂質までも洗い落としてしまう場合があります。乾燥肌の人は、汚れ落ちがいいからとクレンジングオイルを使用するのはやめておきたいところです。もう少し、クレンジングジェルのようなソフトなものに切り替えるのがお勧めです。洗顔するときは、泡をしっかりと泡立ててその泡で顔をなでるようにソフトに洗いましょう。間違ってもごしごしと肌を直接こすって洗顔しないように気をつけましょう。肌に余計な刺激を与えてしまうと、乾燥肌がより酷くなる場合もあります。

3つの保湿成分

頬に手を当てるウーマン

アトピー肌の人は、セラミドが不足しています。化粧品はセラミドのほかにヒアルロン酸とグリセリンがバランス良く配合されている商品を選ぶのがポイントです。根気よく使用することで、肌が落ちつき症状が楽になります。

もっと読む